シミのタイプは6種類:美白化粧品が効くタイプは

肌がきれいになる方法

一般的にはシミというと、皮膚にできた茶色っぽいものを全て指しています。
ですが、医学的にみると、以下のタイプに分かれます。


老人性色素班

紫外線の影響でできる、シミの中で最も多いタイプ。だんだん色が濃くなるのが特徴です。脂漏性角化症に進んでいくこともあります。
美白化粧品が有効


脂漏性角化症

1番のシミ、老人性色素班が盛り上がって、皮膚の形態が変化してイボのように隆起してきたもの。
美白化粧品では消せない


雀卵班

いわゆるソバカスのこと。小さいシミが複数できるとソバカスと呼ぶことがあるが、正確には遺伝的なもののみを指します。
美白化粧品の効き目は少ない


炎症性色素沈着

虫さされや傷などの後にできる色素沈着のことです。ニキビの後の黒ずみなどもこれに含まれます。
美白化粧品が有効


肝班

目の外側~頬骨のあたりに左右対称にできる、肝臓に似た形の灰色~茶色のシミ。原因は女性ホルモンのバランスの乱れ。更年期や妊娠、避妊用ピルの服用などでできることが多い。
美白化粧品が有効


花弁状色素班

強い紫外線で急激に日焼けするとできる、肩~背中、腕などにできる花弁のような形のしみ。
美白化粧品がほとんど効かない

シミにはこうした原因の異なる別々の症状があり、美白化粧品が有効なものとそうでないものがあります。
美白化粧品でケアできるのは老人性色素班・炎症性色素沈着・肝班のタイプで、老人性色素班も症状が進んでしまうと効果がありません。

雀卵班はよく効いても薄くなる程度です。

脂漏性角化症・雀卵班・花弁状色素班はレーザー治療が有効で、キレイに消せることが多いようです。
しかし、雀卵班のソバカスは遺伝的要素なので、再発することもあります。

肝班は、美白化粧品の他にトラネキサム酸の服用でも薄くすることができます。漢方薬での治療も効果があります。

美白化粧品については次回に書きます。