正しい洗顔の方法とは

肌がきれいになる方法

洗顔の際に石鹸などを泡立てて顔をこすってしまう方が多いのですが、肌をこする必要はなく、強くこすることで肌を逆に傷めてしまいます。

泡は界面活性効果を持ちますので、お肌に乗せるだけで油分などの汚れをはがし、浮き上がらせてくれます。
界面活性剤は細胞膜の油分と結合するからです。
ですので、洗顔はなるべく優しく行います。

肌をこすらないように泡だけで覆って洗うためには、たくさんの泡が必要です。

洗顔の手順

1・手には油分などの汚れが付いていることが多いため、まずは手を洗います。

2・顔を湿らす程度に濡らします。
乾いたお肌は自然と弱酸性になっています。ここにアルカリ性である洗浄成分をいきなりつけてしまうと、刺激が強すぎます。
水道水は中性なので、お肌を湿らせて中性にしてから洗いましょう。
水分で濡らすことで、界面活性剤の働きも良くなり、汚れも良く落とせます。

3・洗顔料をしっかりと泡立てます。
目安は「顔全体の面積に乗せても、手と顔の間に泡がクッション材になって肌をこすらずに済むくらい」です。
泡立てが苦手な方は、泡立て用のネットやスポンジがおススメです

4・皮脂の多いTゾーン(おでこ、鼻筋、あごにかけてのTの字の範囲)から泡を乗せ、徐々に全体に広げます。
クレンジング後のお肌なら顔全体に汚れが伸びていますので、はじめから全体に広げても大丈夫です。泡を転がすように汚れとなじませます。

5・ぬるま湯であまり強くこすらないように洗い流します。

6・柔軟剤を使わずに洗濯したやわらかいタオルを使用し、軽く肌を押さえて水分を吸い取ります。決してこすらないようにします

このようにして、お肌をいたわりながらひたすら優しく洗顔します。
これでもし油分が残っているようならば、もう一度こすらずに優しく洗顔します。

洗い上がりの目安は、油分がなくキュッキュッとした感じです。
つっぱっても構わないので、油分を残さないようにします。
古い油分はキレイに落として、そこから新しく保湿することが大切です。

こうしてクレンジングと洗顔を経て綺麗になった肌に、保湿を行います。