ピーリングの効果と薬剤(水溶性と油溶性)

肌がきれいになる方法

ターンオーバーは28日周期なのですが、これが遅れると、表皮のうち角質層は厚くなります。しかし、角質層以下の表皮は薄くなってしまうのです。
そういう状況は、古い細胞が剥がれずに表面に残っていることになり、垢と一緒に放出されるはずのメラニン色素も残ってしまいます。
そのため、シミや黒ずみができたり、角質が厚いために毛穴を覆ってしまってニキビができたり、肌が硬くなり、乾燥し、たるみやシワができてしまいます。

ピーリングで厚くなった角質層を取り除くことで、その下の細胞はどんどん生まれ変わるようになります。
ターンオーバーが早まるようになりますので、肌が若返ってきます。さらに真皮層のコラーゲンを増やす作用があることもわかってきました。
このため、ニキビやシミなどの他、たるみやシワなどのエイジング全般にも対抗できるのです。

ピーリングに使われる薬剤

ケミカルピーリングの薬剤は大きくわけて水溶性(AHA)と油溶性(BHA)の2種類に分かれます。

一般に市販されているピーリングコスメに入っているものは水溶性(AHA)のものです。
フルーツ酸やグリコール酸、クエン酸、リンゴ酸など、フルーツ酸と呼ばれるものがこれに当たります。

油溶性(BHA)のものは、サリチル酸というもので、様々な植物に含まれる有機ベータヒドロキシ酸のことです。

BHAピーリングに使用されるベータヒドロキシ酸は油溶性のため、皮脂となじみ易く、浸透力も高いことから、毛穴の汚れを取り除き余分な角質を軟化・剥離するピーリングの働きがあります。
シミやソバカスに効果的で、特にニキビケアに有効的な方法として、欧米では広く利用されています。

しかし、薬事法によって市販品には0.2%しか配合できないことになっています。
残念ながら、その濃度ではピーリング効果が得られませんので、油溶性を施術するサロンはほとんどありません。
また、油溶性(BHA)は皮膚科でしか扱えないピーリングでした。皮膚科ではこのBHAを院内で配合していて、濃度は肌の状態に合わせて慎重に決められます。

日本では、このサリチル酸を使用したピーリングは、皮膚への刺激が強いため、また薬事法のためにAHAが主流となっていました。しかし、最近はサリチル酸をマクロゴール基材に溶かしたサリチル酸マクロゴールという刺激が少ない新しいピーリング剤が開発されました。
そのために、日本でも、表皮のみならず、毛穴の奥までピーリングしてくれる「BHA」の人気が高まっています。