乾燥肌のための保湿コスメ

肌がきれいになる方法

冬になると、湿度がぐっと下がって、ほとんどの女性はお肌の乾燥・肌あれを感じていると思います。

冬の乾燥に備えての対策、保湿コスメについて解説します。

乾燥肌のための保湿コスメというと美容液が有効ですが、今までの美容液というのは、年齢が高めの人が使うもの、アンチエイジングのための化粧品で高価というイメージがありました。

ところが、最近は化粧水と乳液だけのお手入れだけではあまり保湿できない、ということがわかってきました。
ですので、若い女性に向けても美容液を組み込んだスキンケアシリーズをが多く販売されてきたのです。

年齢が高めの方だけではなく、若いお肌にも美容液による保湿コスメが必須と言えるのです。
乾燥しているならもちろん必要なものですが、乾燥していなくても20歳を過ぎたら使うべきではないでしょうか。

保湿コスメとしての美容液はとても大切なアイテムです。若い女性なら、美容液一本でお手入れしても十分なくらいですね。

年齢とともに乾燥肌になっていく

健康な肌では、角質層に約30%の水分が含まれています。
これが、30%以下になると乾燥肌です。

湿度が低くなると、角質層から水分が蒸発しやすくなるのですが、人の肌には、この水分を維持する保湿成分が元々あります。
その働きが正常であれば、水分は保持できるのですが、保湿成分をつくる力が弱ってくると乾燥肌になってカサカサになってしまうのです。

保湿成分は、年齢とともに減って、乾燥すると角質も厚くなり、ゴワゴワした肌になります。

保湿の意味とは

保湿というと水分を補給すればいいとわけではなく、保湿成分を与えることです。
保水力が必要なのです。

保水力のあるセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分を与えて、肌質を改善することが保湿の本来の意味です。

保湿成分の種類
代表的なのがセラミドです。
角質細胞間脂質の40%を占めます。
セラミド以外の角質細胞間脂質では、レシチンがあります。

水を抱え込んで逃がさない、水分含有力のある成分には、ヒアルロン酸、コラーゲン、エラスチン、ヘパリン類似物質があります。

おすすめ美容液ルナメアブライトナー
たった10秒の新習慣で、にごりを溜め込まず、光を放つ肌へ

ルナメアに入っている成分、
スーパーモレキュールクラウンシュガー、
和漢植物 オウゴンエキスによって肌をクリアに。

和漢植物 クルクミン、ナノビタミンAによって肌をチャージし、
富士フイルム独自技術によって誕生したクリアナノビタミンEは
肌のクリアとチャージに働きかけます。

にごりの原因となる、肌の内部のダメージや古い角質を浄化し、健やかで美しい肌細胞の再生を目指します。

☆手軽に始められる新習慣『ルナメア』トライアルキット1000円≫≫≫