アンチエイジングを予防する成分が配合された基礎化粧品

肌がきれいになる方法

アンチエイジングのためにすることは、

  1. 日焼け止めなどによる紫外線対策
  2. ビタミンC誘導体など、エイジングを予防する成分が配合された基礎化粧品の使用
  3. ピーリングでターンオーバーを高める
  4. 美顔器を使ったお手入れで、有効成分を深く浸透させる

でしたね。
今回はビタミンC誘導体以外の、エイジングを予防する成分が配合された基礎化粧品について解説したいと思います。

ナイアシン(ビタミンB3)

コラーゲンの合成を高める成分です。
肌代謝の活性化を促してくれますので、肌のハリや、ニキビのケアに有効です。肌への刺激が少ないため、敏感肌の人など、肌が弱い方にも安心して使えます。

カテキン・ポリフェノール・甘草エキス・オウゴンエキスなど(植物性ビタミンOPC)

これらは植物性のビタミンPの主成分で、抗酸化成分を持ちます。
抗酸化成分を持ちますいうことは、活性酸素を押さえる働きがあり、肌老化の大きな原因である肌細胞の酸化に対抗することができます。

レチノール

ビタミンAの一種で、人間の体内にもともとある成分です。
コラーゲンを増やす働きが強く、肌への浸透力が素晴しいのです。
デメリットとしては、刺激が強く、慣れるまでお肌がカサカサしてきたり赤くなったりしますので、使い始めは不安になる人も多いようです

しかし、レチノールは本来体内にあるビタミンですので、安全な成分なのです。

AHA(アルファヒドロキシ酸)

ピーリング用の化粧品には医療機関でしか使えないものがありますが、AHA(アルファヒドロキシ酸)は自分で使えるピーリング用の化粧品に含まれている成分です。
フルーツ酸や乳酸、グリコール酸などがあります。
石鹸の他に、ふき取り化粧水やパックなどに多く含まれています。

※ピーリングとは、これらの酸で余分な角質を溶かして落とすことで、皮膚のターンオーバーを早めることができます。

サリチル酸(BHA)

主に油脂の抗酸化成分として様々な化粧品に配合されていまが、主にこれもピーリングに使用される成分です。
コラーゲンを増加させる効果もあり、肌のキメや弾力を保ち、ニキビ痕や毛穴の改善にも役立ちます。
日本では配合率(0.2%まで)が定められていますので、自分でピーリングを行うことは難しく、皮膚科でしかこの成分を使用したピーリングを受けることができません。

ニキビの菌や皮脂、角栓を溶かしてしまうので、ニキビやニキビ痕、小じわ、毛穴の広がりやたるみなどに有効性が高い成分です。

これらが代表的なアンチエイジング効果を持つ成分とその働きです。

これらの成分が配合された基礎化粧品を使うことで、肌年齢を若く保つことができ、肌老化を予防することができます。
20歳を過ぎたぐらいは、まだ肌の老化は感じないでしょうが、エイジングケアは早めに始めるほうが良いと言われています。