アンチエイジングのための紫外線対策

肌がきれいになる方法

アンチエイジングとは、加齢による老化を防ぐために行うさまざまな手段を総じて表す言葉ですが、
スキンケアにおいてのアンチエイジングとは、肌の老化現象を防ぎ、改善することを指します。

肌の老化現象とは、シミ、シワ、たるみ、毛穴が目だつなどが一般的です。

老化はなぜ起こるのでしょうか

ここではスキンケアに関する老化について説明します。

紫外線が最大の敵
外面的な肌老化の原因の約80%は、紫外線が原因と言われています。
私たちは夏はもちろん真冬でも、一年中紫外線を浴びています。
肌の老化を防ぐには、まずは紫外線対策をすることが必要不可欠になります。

それ以外の老化の原因
喫煙、ストレス、生活リズムの乱れ、食生活の乱れなども老化の原因です。

これらの老化により、肌の細胞が酸化してしまうことから、肌の老化とは、肌細胞の酸化ということを意味しています。

もちろん人は、遺伝的にも老化を促進するプログラムを持っているのですが、紫外線をはじめとするその他の要因から予防することは可能です。

アンチエイジングのための予防対策

アンチエイジングのためにすることは、

  1. 日焼け止めなどによる紫外線対策
  2. ビタミンC誘導体など、エイジングを予防する成分が配合された基礎化粧品の使用
  3. ピーリングでターンオーバーを高める
  4. 美顔器を使ったお手入れで、有効成分を深く浸透させる

です。
ここでは、1の日焼け止めなどによる紫外線対策について解説しましょう。

最も大切なエイジングケアは、日焼け止めなどによる紫外線からお肌を守ることです。
肌老化の原因の約80%は紫外線です。これだできていないと、どんなに良い化粧品でスキンケアをしても、老化に対抗できません。

日焼け止めの化粧品が紫外線の対策に最も有効です。
また、パウダーファンデーション、ルースパウダー(粉おしろい)も同じく有効です。

日焼け止めには、紫外線防止効果の強さが弱いものから強いものまであり、紫外線を防ぐための成分は、主に2種類に分かれます。

  • SPF 紫外線B波を防ぐ
  • PA 紫外線A波を防ぐ

日焼け止めの紫外線の防止効果はSPFとPAという単位で表されています。

SPFのほうはSPF10くらいの弱めのものから、SPF50くらいのかなり強いものまであり、基本的な日焼け止めとしては、SPF20くらいが目安になります。当然SPF値が高いほど、肌への負担が強くなります。

PAは+の数で表します。

  1. PA+でやや効果がある
  2. PA++で効果がある
  3. PA+++で非常に効果ある

と判断してください。

紫外線を防ぐための成分

紫外線を防ぐための成分は2種類

  • 紫外線吸収剤

紫外線を吸収する化学成分です。紫外線を吸収すると化学変化を起こして熱エネルギーに変えるために、肌にダメージを与えます。

  • 紫外線散乱剤

紫外線を反射させる物質です。化学物質ではないので肌へのダメージはありません。
酸化亜鉛や酸化チタンなどの無機粉体が使用されます。化学成分ではないことから、これを配合した日焼け止めはノンケミカルとして販売されています。

紫外線防止効果のある成分が配合されている化粧水や美容液なども、多く販売されています。

また、パウダーファンデーション紫外線対策には有効なものです。
肌色の粉で、お肌のメイクの仕上げに使うパウダーファンデーションには、日焼け止め効果があると書いてあるものとそうでないものがありますが、実はどちらにもあまり違いはないのです。

ファンデーションの色粉は紫外線散乱剤と同じようなものなので、どちらにしろ紫外線防止効果があるのです。
日焼け止め効果をうたったものは、紫外線散乱剤である色粉にわざわざ紫外線吸収剤を配合していることが多いので、肌に優しいのはベーシックなものの方になります。

パウダーファンデーションは紫外線散乱剤と大変よく似ています。
これが少しでも肌に残っていると、レーザー治療の際の光も反射してしまうほどなんですよ。

日焼け止めだけではどうしても紫外線を防ぎきれません。その上にパウダーファンデーションを重ねることで、より紫外線防止効果を高めましょう。